詳細はコチラ

2017.3
No.189

会報最新号

2017.3 No.189

「怪優」佐々木孝丸に魅せられて

ノンフィクション作家 砂古口 早苗さん

志高き悪役の実像に迫る評伝

 俳優・佐々木孝丸(1898~1986年)をご存じか。古くからの映画ファンなら、名前は忘れても顔を見ればすぐ思い出すに違いない。「主役食いの名悪役、知の巨人だったこの人を、もっともっと多くの人に知ってほしいの」。ノンフィクション作家・砂古口早苗さんの新著『起て、飢えたる者よ 〈インターナショナル〉を訳詞した怪優★佐々木孝丸』(現代書館)は、そんな思いを込めた異色の評伝だ。